<舞鶴市>初夏の味覚!丹後とり貝&岩牡蠣が解禁!!

KININARU-キニナル-編集部メンバーが北近畿の気になるグルメを紹介するコーナー!
今回は、今が旬の丹後とり貝&岩牡蠣についてご紹介させていただきます。

舞鶴・丹後地域の初夏の味覚となりました!



丹後とり貝は、ここ数年で、しっかり初夏の味覚として定着してきました。
漁業関係者の努力により、「丹後とり貝」というブランドが定着し、関東を中心に出荷をされているそうです。

関東では、1個の価格が数千円という高値で取引されているとも伺います。

また、岩牡蠣についても同様に、恵まれた環境と関係者の努力により、上質の品が育成されております。

そんな、2つの食材ですが、地元舞鶴ではどこで味わえるのか調べてみました!

観光協会さんより情報をキャッチアップ!

つい先日、丹後とり貝の初出荷が行われたそうですね!

これまでは、地元舞鶴ではなかなか味わうことが出来ませんでしたが、今年は観光協会さんによってご紹介されていました!
こちらよりご確認いただけます!

丹後とり貝はこんなのです!



丹後とり貝の特徴は、肉厚です!
大きいものでは手のひらサイズのものもあり、食べ応えたっぷり♪

食べ方はさまざまありますが、わだっちは、お造りかお寿司で味わうのが好みです!

昨年は、6月下旬には出荷が終了していました。
短い期間に流通なので、今のうちに味わってみてはいかがでしょうか!

岩牡蠣はこんなのです!



ぷりっぷりで弾けんばかりの身!そして、驚きのサイズ!
冬に流通している、牡蠣とはまた異なり、ひとつがひとつが大きく一口では食べきれないほどです!

しかし、カットしてしまうとクリーミーな身が漏れてしますので、大きく口を開けて「パクッと」味わうのがオススメです!

だいたい、8月下旬まで流通しています!
一度味わうと忘れられない味なので、お店で発見した時は是非味わってみてください!

今回は、舞鶴・丹後の夏の味覚をご紹介させていただきました!
また、オススメの食材を発見した時にはご紹介させていただきます^^

この記事が気に入ったら
いいね! お願いします♪

アバター

わだっち

京都府舞鶴市生まれ。
福知山の高校を卒業後は、金沢で大学生活を過ごす。その後、株式会社リクルートへ就職。不動産情報の「SUUMO」では首都圏(主に埼玉県)を担当。
旅行情報の「じゃらん」で、北近畿(但馬・丹後・中丹)、京都府内を担当。

2016年より、故郷の舞鶴市にて活動中。
2017年5月に北近畿情報メディアサイト「kininaru-キニナル-」編集部の一員に加わる。
主に、舞鶴市、宮津市、福知山市、綾部市を担当。

関連記事

  1. <舞鶴市>1,000円ランチの営業スタート!☆地産にこだわる逸品が味わえる♪

  2. <舞鶴市>若者が集まる場所に!チャレンジショップ「FLAT+(フラットプラス)」がキニナル!

  3. <舞鶴市>野菜を中心としたイタリア料理店”舞鶴ベジタブルキッチンSorriso-ソリッソ-”がキニナ…

  4. <舞鶴市>今年もあと10日!忘年会&新年会にオススメの3時間飲み放題プランがキニナル!

  5. <舞鶴市>丸い鉄板で焼き上げるホルモン焼き「だるまや」さんがキニナル!

  6. <舞鶴市>登録有形文化財決定!西舞鶴の老舗銭湯「若の湯」さんがキニナル!

  7. <舞鶴市>アロマの香るリゾート気分♪プライベートエステ「feel」さんで至福のひと時を・・・。

  8. <舞鶴市>セリ人さんが営むお食事処「魚里(うおり)」さんがキニナル!

  9. <舞鶴市>西舞鶴、天清川に今年も鯉のぼりの魚群が登場!

人気記事ランキングTOP15

PICK UP

  1. <京丹後市>久美浜町『糀マルシェ』さんがキニナル!
  2. <豊岡市>美味しいアジア・エスニック料理のいただけるお店☆『いのこ』がキニナル!…
  3. <香美町>襖絵で有名な大乗寺さんに行ってきました♪
  4. <朝来市>ミニストップ朝来伊由市場店さんが閉店するらしい・・・。
  5. <朝来市>東洋一と言われた「神子畑選鉱場跡」に行ってきました♪
  6. <豊岡市>刺繍・洋服直しのお店『ましゅまろ天使』さんがオープン♪
  7. <豊岡市>創業1930年!蜩珈琲さんがキニナル!!
  8. <養父市>第3回 やっぷーカップが開催されています♪
PAGE TOP